POSレジとは?

POSレジのPOSとは、「Point Of sales」という英語の頭文字をとった略語で、日本語に訳すと「販売時点情報管理」という意味になります。

POSレジは商品が売れた時点で商品名、価格、個数、売れた時間などを単品単位で収集・記録できます。今ではPOSレジがネットワーク経由で販売情報を収集・記録することが可能となり売上管理やマーケティングにも活用されています。

レジとPOSレジの違いとは?

「レジ」とは一般的にレジスター、電子レジスター、キャッシュレジスターと呼ばれているもので、商品金額の計算・釣銭の計算など必要最低限の会計機能が搭載された機器で、シンプルで使いやすく多くの飲食店や小売店で導入されています。

一方、「POSレジ」はレジスターの会計機能を搭載し、商品が売れた時点で商品名、価格、個数、売れた時間などをリアルタイムに単品単位で収集・記録・分析することができます。会計機能だけが必要な場合は導入費用が低く抑えられるレジスターも選択肢のひとつになりますが、集めた販売情報を利用して戦略を立てながら売り上げを伸ばしたいお店の場合はPOSレジを導入することが必要になります。

POSレジ導入のメリット

■売上データの分析
POSデータを使ってよく売れている商品、あまり売れていない商品など個々の商品レベルで消費者のニーズが把握できるようになり、品揃えの改善、売価の変更、仕入数の効率化などに活用できます。

また、POSレジで収集したデータは各種分析(ABC分析、トレンド分析、バスケット分析、RFM分析)などさまざまな角度からPOSデータを分析することで、経営改善・売上向上のための課題が把握できます。

■POSレジ担当者の入力ミスや不正防止
POSレジにあらかじめ商品情報を設定しているため、会計時に一つ一つのメニュー金額を手入力する必要がなく間違った金額を入力することはありません。入店間もないスタッフも商品の金額を覚える必要がないので、レジ業務をスムーズに行うことができます。

またPOSレジでは誰が会計したのか使用状況が記録として残るので、会計時の不正の抑制になり、健全な店舗運営が可能となります。

■業務効率化
POSレジの導入でレジ業務の効率化が期待できます。事前にPOSレジに商品情報を登録しておくことで、会計時に行う入力作業が大幅に軽減されスピーディーな会計作業を行うことができます。そのためお客様の待ち時間も減らされサービス向上が期待できます。またPOSレジを使うことで閉店時にわざわざ集計作業を行う必要がないうえに、売上状況を一目で確認できるようになりスタッフの負担も軽減できます。

飲食店に必要なPOSレジを選ぶポイント

POSレジは店舗で毎日使用することになりますので、POSレジを選定する際もスタッフが迷わず簡単に使いこなせるシステムを選ぶことが重要になります。店舗の業務に対してどのような機能が必要なのか、不要な機能はなるべく持たないシステムを選ぶことでコストを抑えることができます。
POSレジシステム導入時だけでなく、導入後の突然の故障やトラブルに備え運用や保守を考えることも重要なポイントになります。

■飲食店で必要なPOSレジを選ぶポイントの一例です。

  • かんたん操作
  • 売上データの収集・分析
  • 個別会計・割勘機能・空席管理
  • クレジットカード・電子マネー・QRコードなどのキャッシュレス決済連動
  • 軽減税率対応
  • セルフオーダー
  • オーダーエントリーシステムとの連動で会計時間短縮
  • 自動釣銭機との連動で衛生的な非接触会計・セミセルフレジ
  • 365日24時間電話サポート

弊社では店舗の業態・環境・コストに合わせ、最適なハードウェアをお選び頂けます。
また様々なメーカーPOS・PC・タブレット等に対応し、お客様独自の運用や機能にあわせた機能拡張開発が可能です。

飲食店向けPOSレジ詳細はこちら

調剤薬局・クリニックに必要なPOSレジを選ぶポイント

調剤薬局の会計業務は、「レセコン連携」「OTCを含む物販品と処方箋の合算会計」「複数処方箋の同時会計」「セルフメディケーション対応」など、複雑な作業が多く一般的な小売店向けPOSレジに搭載されたレジ機能ではカバーしきれないことが多々あります。

POSレジを導入する際は通常の小売店向けPOSレジよりも、調剤薬局に特化したPOSレジを導入することで業務効率化を図ることが期待できます。

■調剤薬局・クリニックで必要なPOSレジを選ぶポイントの一例です。

  • レセコン連動したい
  • 未収金管理を効率化したい
  • 現金授受について非接触対応したい
  • なるべく現金をさわりたくない
  • 自動釣銭機を導入したい
  • クレジットカード・電子マネー・QRコードなどのキャッシュレス決済を導入したい
  • 患者のOTC購入履歴を管理したい
  • OTCの在庫管理を行いたい

弊社では調剤薬局・クリニックに最適なPOSレジをご提案いたします。

調剤薬局向けPOSレジ詳細はこちら

免税店に必要なPOSレジを選ぶポイント

2020年4月1日から免税電子化運用が開始され、2021年9月30日までは紙の手続きと併用可能でしたが、2021年10月1日より従来の紙による免税販売ができなくなり、免税販売を行うためには、免税手続きが大幅に簡略化される「免税販売手続の電子化」に対応する必要があります。

免税店でPOSレジを導入する際は、免税店に特化したPOSレジを導入することで免税手続きがスムーズに行えます。

■免税店で必要なPOSレジを選ぶポイントの一例です。

  • 外国人に向けて免税販売をはじめたい
  • 免税販売の電子化に対応したい
  • 低コスト、安い導入費用、手軽に

弊社では簡単・安全・安価に免税販売が行える免税店に特化したPOSレジをご提案いたします。

免税店向けPOSレジ詳細はこちら

ピックアップコンテンツ