非接触・非対面ソリューション

新型コロナウイルスの影響を受け、新しい生活様式が求められています。感染拡大しないように様々な取り組みが行われており、飲食店ではスタッフとお客様の接触機会を減らす対策としてセルフレジ、モバイルオーダー、セルフオーダー、セミセルフレジ、キャッシュレス決済などをの導入が拡大しています。

導入による接触の回避だけでなく、業務効率化や人手不足解消、衛生面の課題解決など様々なメリットも期待できます。

飲食店に最適な非対面・非接触ソリューションをご紹介します。

セルフレジ

セルフレジとは、今まで店舗スタッフが行っていた商品の読み取りから会計まですべての作業をお客様が行います。

セルフレジの使い方がわからないという人も多いかと思いますが、操作は全てレジのモニター等で案内してくれるので一度体験すれば二回目以降は殆どのお客様が問題なく使用できるようになります。

但し、お客様がセルフレジに慣れるまでは操作に手間取る場合があるので、店舗スタッフがフォローする必要があります。 決済方法は、各種キャッシュレス(クレジット、電子マネー、QRコード)から現金決済まで全て網羅されている店舗もあり、大変便利になりました。ここ数年、セルフレジを導入する飲食店は増えています。

セルフPOSレジの画像

セルフレジの詳細はこちら

モバイルオーダー テイクアウト

モバイルオーダー テイクアウトとは自宅や通勤中、オフィスなどの様々な場所からお客様がお店に来店する前に自身のスマートフォンやタブレットなどから事前に商品の注文&決済が行えるシステムです。

お客様は自分のスマートフォンを使用するので衛生面で安心です。またお店の混雑を気にすることなくいつでも好きな時間に注文できるため、コロナ禍の人との接触機会を減少させるために飲食店で導入が増えています。
感染症対策が求められる今、モバイルオーダーの注目度は高くなっています。

モバイルオーダーテイクアウトの画像

モバイルオーダーの詳細はこちら

セルフオーダー

セルフオーダーシステムとは、店舗スタッフが注文を聞き取りするのではなくお客様自身でメニューを注文するオーダーシステムです。

飲食店で多く利用されているオーダーシステムで、これまでは店舗スタッフが来店したお客様の席まで行って注文を伺っていましたが、セルフオーダーシステムは客席に設置されたタブレットなどの注文端末をお客様の好きなタイミングで操作して自分で注文を行います。
コロナ禍で店舗スタッフを介さず注文ができる為、感染症対策としても有効です。

セルフオーダーの画像

セルフオーダーの詳細はこちら

セミセルフフレジ

セミセルフレジとは、レジ担当者が商品バーコードの読み取りを行い、お客様が精算機で会計を行います。バーコードの読み取りに慣れた従業員が行うことでスムーズな会計を実現します。

コンビニや小売店・飲食店などに多く導入されている対面式のセミセルフレジは、POSレジと自動釣銭機やキャッシュレス決済端末を連動して運用します。レジ担当者が商品バーコードの読み取りを行い、お客様は現金支払いの場合は自動釣銭機、クレジットカード・電子マネー決済の場合はキャッシュレス決済端末で会計を行います。対面式の場合は、お客様の決済が完了するまで次の会計を行うことができません。

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済は、紙幣や硬貨などの現金を使わずにそれ以外の方法でお金を払うことです。キャッシュレス決済の支払い手段には各種クレジットカード、電子マネー、「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」「メルペイ」「LINE Pay」「au Pay」などのQRコード決済などがあります。

飲食した際にクレジットカードで代金を払ったり、交通系ICカードで電車に乗ったり、コンビニでのちょっとした買い物に「楽天ペイ」のQRコード決済を使用したりキャッシュレスで決済することは身近な存在になっています。またキャッシュレス決済で支払いすることで、非接触でスムーズな会計が実現します。

お店に最適なシステムを
ご提案いたします。

お気軽にお問い合わせください

飲食、小売の個店・チェーン店から商業施設・ホテル・旅館まで
取り扱い商品に関するお問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ
(受付時間:平日9時~17時30分)

03-3833-1531

飲食店・フードコート関連のソリューション

ピックアップコンテンツ